本文へスキップ
TOP スカイとは 料金 指導方法 体験学習 教師登録 お問い合わせ
スカイとは
悩みを抱えた子供たち一人ひとりに合わせた共育指導
スカイとはスカイとはスカイとはスカイとはスカイとはスカイとは

「教育産業の重要性」について「教育」の現状について振り返って見たときに、現代の家庭環境に於いて少子高齢化が叫ばれている中、国の政策を鑑みた上での方向性は経済発展と物造りから人に対する政策へと移行しようとしております。このような時代の流れの中で過去には育児からの教育については祖父母、両親、兄弟と本来家庭内でも十分に施されていた家庭内教育が現在は学校任せ、塾任せという現状でご両親は子供の教育についての重要性は分かっていても常に手探りの中で子供の成長を模索しているように感じられてなりません。

 子供の将来の可能性は無限に秘められており、お子様一人ひとりの「性格」そして「能力」は十人十色、その一人ずつに合わせた教育指導が今後は重要になると考えております。   

 「企業価値」について、既存の産業の中でこれからの将来を考えた時に、国が必ず手を打って来るだろうとされ必要とされる産業はいくつもある中で、私自身が最も重要なのは将来を担う「子供教育」だと考えております。その教育の中身を考えたならば、現在は構造の二極化が進んでおり、一家族あたりの教育費の投資額に比例して大学進学率、特に有名大学進学率までが左右されている状況が顕著に現れております。

 そして「落ちこぼれ」と言われる子供たちとの格差がますます拡がっている中でこれからの国の方針として、日本の小学生からの学力向上の取り組みとして2011年度から小学一年生からの授業時間の大幅増、更には小学生低学年からの英語教育とご父兄の方々が驚くほどの学習内容の変更がスピィーディーに進められております。

 このような教育環境の変化の先取りとして、国としても家庭の教育費格差が子供の能力格差に繋がってはならないという考えもあり、今まで以上に「子供手当て」の検討がなされていくと推測されます。

 ところが、子供の個々の能力を考えたときに学校の授業について行けているのは小学生で5割、中学生以上になると3割とも言われております。

 特に「落ちこぼれ」といわれる子供も何かのきっかけで埋もれていた潜在能力が発揮される事があります。それは集団学習の中ではなく、個々のレベルに合わせた『マンツーマン指導』による機会が圧倒的に多いと判断されます。

 この「落ちこぼれ」と言われる子供を抱えたご両親は学校の授業について行けて無いと分かっていてもどうしようかと悩んで手を打つのが遅れているのが現状です。


 私はこの学校に楽しく通えないという子供たちを中心に、個別指導の良さをご理解いただけるご両親の良きアドバイザー役としての家庭教師派遣センターの価値と必要性が必ず認められるという強い信念を持ち努めて参りたいと考えております。

 私どもの考えは『自立学習システム』のご家族様のご理解と、『人との出会い!』の大切さを家庭教師と生徒皆さんに訴え、大事なお子様との最良な『出会い』になるような環境を整えて参ります。
 私どもは「教育」は「共育」と考えております。お子様の自立を手助けする良きアドバイザーとして、また共に歩む良きパートナー(家庭教師)として全力を挙げてサポートしていきます。


スカイ お問い合わせ